ゲル1:モンゴル文化体験コーナー

 青空が広がり、あちらこちらで馬や牛の群れが見え、草原に散らばる真珠のような白いゲル、なんだか静かで心地よいです。そんな穏やかな暮らしをする遊牧民のモンゴル人に何千年も前から伝われてきた文化とは何でしょうか?

馬頭琴とお話

馬頭琴(モリンホール)はモンゴルの伝統的な弦楽器で、弦を張ったさおの先に馬の頭が彫刻された意外な楽器です。『スーホーの白い馬』を楽しみ、実際に演奏体験ができるチャンスです。

紙芝居

日本独自の文化である紙芝居を楽しんでみませんか?といっても皆さんにはもう知っている人が多いでしょう。しかし、ハワリンバヤル2017の紙芝居は、モンゴルに関する紙芝居なので、その場だけで見られるイベントです。

超簡単モンゴル語講座

モンゴル語と日本語のルーツが同じく、話す順番が一緒であることから日本人にとって比較的学び安い言語です。超簡単モンゴル語講座では、日常挨拶や簡単な自己紹介の仕方などを教えています。

ゲル1のスケジュール:

ゲル2:写真展示と伝統的遊び

遊牧生活の中身、一日の流れを見てみませんか?また、モンゴルの伝統的な遊びの道具も揃えており、ゲルの中でゆっくりと遊ぶことができます。

写真展

今回のハワリンバヤルのテーマである、「遊牧文化に学ぶ自然との共生、明るい未来へ」を表した写真展です。普段テレビでもなかなか見れない、普通のモンゴル遊牧民の生活の中身を紹介します。

伝統遊び

モンゴル伝統的な遊びの一つ「シャガイ」は「家畜のくるぶしの骨」のことで遊び方が何種類かあります。遊び方を教えますので、是非シャガイで遊んで見ませんか?また、デザイン性や彫刻、組み合わせ部品の独特の形で有名なモンゴルの「立体パズル」にチャレンジして見ませんか?

テント1:試着コーナー

デールは、モンゴル人の民族衣装で、部族や年齢や性別などによってデールのデザインに細かい違いがあります。そんなデールを着て、ゲルの前で記念写真を撮り、モンゴル人らしい挨拶の仕方を体験できるのは、このお祭りならではできるものです。また、モンゴル衣装だけでなく、日本の浴衣の試着もできます。ぜひお越しください。

テント2:モンゴル文字の書道と子供の絵展示

絵画展示

モンゴル人と日本人の小学生(6歳〜12歳)に「私の母国」というテーマで絵を描かせてもらいました。 ハワリンバヤル当日来場者の皆様による投票を行い、優秀作品を決定します。是非、ご参加下さい。

モンゴル文字の書道と展示

モンゴルの伝統的な縦書き文字(ウイグル文字系)で書かれたことわざが展示されています。さらに、自分の名前をモンゴル縦文字とキリル文字でその場で書いてもらうことができます。

上映会:モンゴル映画

今回のハワリンハワヤル2017で上映する映画は、第一回東京“チンギス・ハーン”国際映画祭で上映されたモンゴル国と中国内モンゴルで大ヒットされた映画です。これらの映画を通して、もっと多くの日本の方がモンゴルのことを理解していただければと思います。モンゴル民族映画を多くの方に見ていただくことによって、モンゴル民族の文化を楽しんでいただき、考えていただくことが、草原遊牧文化を含めたモンゴル文化発展にも繋がると考えております。是非ご来場してください。

5月3日
11:00〜12:00 短編映画
13:00〜15:00 モンゴル映画
15:30〜17:00 モンゴル映画
5月4日
10:00〜12:00 モンゴル映画
13:00〜15:00 モンゴル映画

缶バッジ

日本最大級のモンゴル文化祭り「ハワリンバヤル2017」での最高記念品に、缶バッチ作りはいかがでしょうか。ハワリンバヤルやモンゴルに関連するデザインから選び、缶バッジを作ってもらえます。